FC2ブログ

ハルジオンのブローチ

手織り
02 /25 2020

  rururumiho.jpg

ハルジオンのブローチ。

手織りとテキスタイル素材を中心に捜索をしている
クリエーター、MIHO TARUI (@rururu_miho)さんの作品です。

花は立体になっていて、向きも変えられる。
そう! この小さな一つの中に、たくさんの試みがあふれている。

作る前に創っている。

私も思いを創っていたい。

そして作品が好き。

コートがいらない季節になったら、このブラウスと
このブローチと一緒に出掛けよう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  threetwins.jpg

この three twins のアイスクリームが好き。

代官山の駅ビルに直営店があって、時々寄っていたのだけれど、
近頃はスーパーやコンビニでも買えるようになってご機嫌です♪
ちと高いのがちょっとなぁ・・・なんだけどね。

化学調味料を一切使用しないで、有機栽培のバニラビーンズのみを
使用して作られているそうなのですが、なんといっても食感がいいの。

ちょっとシャリシャリっとしていて、子供の頃に食べた昔のアイスを
思い出しちゃうんですよねぇ。

お店で見かけたら一度食べてみてくだされ。

双子兄弟と兄のお嫁さんという3人の顔が、60年代っぽいのもいい♪














にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村





ムンカベルテの布で作ったスリッパ

教室の話題
02 /23 2020

  akemi.jpg

教室当初に通ってくれていたAkemiさんが、インスタグラムにアップしてくれた
ムンカベルテの布で作ったスリッパです。

当時はみんなで織った布を使ってスリッパを制作しました。
山形県の室内履制作工場に依頼して作ったのですが、
とても親切に丁寧に対応してくださって、とても良い思い出になっています。

写真を見たら懐かしくて、うれしくて・・・ここでも紹介させて貰っています。

Akemiさんは今、ハワイで暮らしていて、ラウハラ工芸を制作、
販売もしている素敵な女性です。

ハワイに行く機会があったら lauhala by Akemi を探してみてください。
  
akemi2.jpg

少し分かり難いですが、これがラウハラです。
ハラの葉を乾燥したものを編んで作る工芸品ですね。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村





変口斜線織りとスペッツシーペット

手織り
02 /22 2020
  
  spetskypert.jpg

先日、メールで 『変口斜線織り』 についてご質問がありました。

箕輪直子先生の書籍、まきものデザインに載っている技法で、
ネット検索をしてみると、たくさんの方が織り過程や画像をアップしています。
なので、必要ないかもしれませんが、私なりの説明を書いてみます。
Mさんのお役に立てると良いのですが・・・。

本の作品を組織図にしてみると上記のように、16枚綜絖の織りになります。

16枚まで綜絖を増やせる織機を持っている方はそんなに多くないと思いますが、
本ではリジッド機で織るように説明されているので、本当に素晴らしいですね。

リジッド機で織る場合、上の組織図通りに経糸をピックアップして織れます。

これは色糸効果のスペッツシーペット技法を発展させたものです。

  spetskypert1.jpg

このスペッツシーペットは通常、8枚綜絖で織られます。
上の画像が8枚綜絖で織っているものですが、
織りをされている方なら見たり、織ったりした事があると思います。

リジッド機で織るメリットは、織りながら仕組みが理解し易い
という事でしょうか。
完全組織を探り、組織図を描いてみなくても
図案を応用して変化させながら織るのがたやすくなりますよね。

この記事が少しでも織る参考になればうれしいです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村







6月、札幌芸術の森でワークショップ開催予定

ヤノフ村の二重織りワークショップ
02 /18 2020

  sapporows6.jpg

6月初旬頃、札幌芸術の森の手織り工房で
『ヤノフの絵織物ワークショップ』を開催予定です。

私が教室以外の場所でヤノフ織りのワークショップをするのは
久々になります。 昨秋、札幌カランコ会手織大通教室の
松浦先生の案内で、芸術の森を初めて訪ねました。

松浦先生は数年前まで長年にわたり、この手織り工房でも
教えていらした経験があり、私をクラフト工房責任者の方に
繋げてくださり、ご挨拶する機会もえる事が出来ました。

日程などの詳細が決まるのはまだ先なのですが、今回は新たな
柄を織っていただけるよう、今試作をしています。

ヤノフ村の織物会館でいただいてきた、2011年のコンクール作品冊子に
手紡ぎや手織りをしている柄が載っています。
ダヌータ・ラドルスカさんの作品です。 
その中から選ぼうと思っています。

詳細については4月初旬にお知らせが出来るかと思いますので、
また見に寄ってください。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








ドカゴングとバイダーワンドのバッグ

教室の話題
02 /06 2020

  bag2.jpg

ドカゴングのグラニーバッグとバイダーワンドのトートバッグです。

どちらも16/2番手の綿糸で織られているので、
薄手の布に織りあがっていて、とても軽いバッグになっています。

参考までにグラニーバッグは14本/cm、トートバッグは12本/cm
の経糸密度で織ってあります。


スタジオビスビー手織り教室





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村







スウェーデン織物とひつじの旅

日々の暮らし
02 /01 2020
  
  swedentour.jpg

スタジオビスビーで手紡ぎ講座を開講してくださっている
ラ・メール京都の伊藤先生が企画した手仕事ツアー、参加者募集しています。

【2020.9.24~10.1 8日間】
 
今年はヴェヴメッセが開催される年。
そのヴェヴメッセ2020はハルムスタッドで開催されるそうです。

そのヴェヴメッセ会場を皮切りに、このツアーの目玉となる
ゴッドランドのヴィスビー、最後はストックホルムにも滞在するという
魅力的な旅程になっています。

特にヴィスビーでは手紡ぎWS参加等、手紡ぎ好きさんには
見逃せないさまざまな交流もあるそうですよ。

その上、途中アシュフォードのケイトさんと合流して、一緒にゴッドランドを
訪問するという贅沢さ!

前回のメッセには行かなかったので、私もハルムスタッドへ行く予定です。
私は個人旅行ですが、会場で会えたら良いですね。

お申込み、お問い合わせやパンフレットのご要望はラ・メール京都へ。
ラ・メール京都 ブログ記事はこちらから。


スタジオビスビー手織り教室







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








一位と二位のミニ作品ご紹介

教室の話題
01 /27 2020

  doublewitch.jpg

教室展のミニ作品募集に応募くださった一位の作品です。
静岡県のJunkoさんのオリジナル柄。

賞品のスウェーデン・ボリー社製ウール糸をお送りしたら
とても嬉しいお返事が♪

『以前チェドックさんでのヤノフ織りのWSに参加した事がきっかけで
織る楽しさを知りました。とりわけ二重織りの楽しさ!をです。』

日本でオリジナル柄を織る方がたくさん増えてくれますように。

  marilynmonroe.jpg

こちらは二位になったマリリンモンローです。
ラッピング技法で織ってある意欲作!
神奈川県のAzusaさんの作品です。

細い糸でのラッピング技法を綺麗に織るのは大変。
細かいところに気を配っていると、全体がゆがんでいたり・・と。

その点、柄部分のゆがみがなくてバランス良くて素晴らしいです。

全部で9作品のご参加がありました。
応募してくださった皆様ありがとうございました。

スタジオビスビー手織り教室





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








スタジオビスビー:秋元尚子

横浜・馬車道駅すぐ上の手織り教室です。レバー式織機で整経から始めて、綜絖通し、筬し、そして織るまでの全工程を習得できます。おしゃれな横浜ベイサイドで暮らしに寄り添う手織りを楽しんでみませんか。