fc2ブログ

緯糸効果のローゼンゴン

未分類
10 /21 2021

  weftfacedrosepath1.jpg

緯糸効果(マット織り)のローゼンゴンです。

YTでは手織り初心者や初級者の方々向けに動画を作成していますが、
その中でもローゼンゴンは、基本的スウェーデン織物の代表的な技法です。

「ローゼンゴンに始まって、ローゼンゴンに終わるのよ。」

これは先生がことある毎におっしゃっていた言葉で、今でも表情や口調
と共に鮮明に覚えています。
ちなみに、40年程前のことです

もちろん先生の個人的な思い入れもおありだったと思いますが、
スウェーデン織物らしい作品例がたくさんあるのも事実です。

その先生の影響もあり、私もとても好きな技法の一つです。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村







レノ織りのレース

未分類
06 /06 2021
 
  lenolace.jpg

これからの季節にちょっと使えるレースの敷物を
レノ織りで織ってみませんか。

部分的にちょっとレースを入れても、とてもおしゃれな布になります。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村









木のおもちゃの村ザイフェン

未分類
12 /07 2018

  2018seiffen5.jpg

先週からチューリッヒに住む友人を訪ねる旅に行っていました。
私は元々あまり計画を立てないで動く旅が好きで、いつも直前に航空券取ったりします。
今回は特に、直前に予定外の予定が入ってしまって本当に出発日が決められない。
というか、日程が取れなくて行かれないかも・・・という状況だったのですが決行!

そんな訳でちょっと旅行話を載せます。

先ずは是非行ってみたかったザイフェンへ。
木のおもちゃの故郷のようなここは、山間の小さな村。
ドレスデンから列車とバスを乗り継いでやっと着きます。

交通の便が良くなくて遠いけれど、村全体がこんな風におもちゃ箱みたい♪

  2018seiffen2.jpg

   2018seiffen3.jpg

  2018seiffen6.jpg

私が一番好きなのはこの写真(下) 『ふくろうがいます。』

この後、私はドレスデンからバスでプラハに移動。
列車もあるのですが、一人旅だと荷物の関係でバスが楽です。
プラハへはほぼ高速道路を走る、約2時間の移動です。

 2018seiffen1.jpg






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村














新教室入口に案内プレート設置、ビスビの絵織物も織ってくれました♪

未分類
11 /23 2018

 2018blog183.jpg

新しい教室の入り口壁面に案内プレートを設置しました。

入口ガラスドアに丁度写っているのは、入口前の歩道に植えられている銀杏の樹。
私のお気に入りです♪

小さいので初めていらっしゃる方には見つけ難い入口だと思いますが、
この1本のイチョウの木はとても良い目印になります。

そしてもちろん、これからはこの案内プレートも強~い味方。

撮影している私も写り込んでいますね、ありゃりゃ。


2018blog180.jpg

これはWSにも何回かご参加くださっているSさんが送ってくれた画像です。

「ヤノフ村の絵織物」本もご購入いただいたのですが、「ヤノフの織にはまりました。」って
コメントが添えられていて嬉しいなぁ。

Sさんはピーターコリンウッド氏も綾織りの展開まで沢山織っている方なので
きっと本に載っているヤノフ柄をほぼ織り上げていると思います。

その中で私の柄を添付してくださった♪

   2018blog181.jpg

そして、こんなふうに部分織りも!

Sさん ありがとうございます!!
オリジナル柄にも挑戦したら是非見せてくださいね。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








ブンデンローゼンゴンの「オペラ」、最初に登場する人物は?

未分類
11 /23 2018

  2018blog182.jpg

教室ののりちゃんが織り始めたブンデンローゼンゴンの 「オペラ」。

教室にはスウェーデンのブンデンローゼンゴン・インストラクションがかなりの種類揃っている
けれど、なんといっても断然人気があるのが 「ニルスの不思議な冒険1」。
ニルスは1と2があって、その中でも1を選んで織る生徒さんが圧倒的に多いのです。

このオペラはオペラ歌手や楽器などが出てくるのですが、あまり、というかほとんど
選ばれた事がなかったのだけれど、若いのりちゃんが選んで楽しそうに織っています♪

で、最初に登場する人物がこの方。

「この人オペラ歌手には見えないよね。」 
「劇場の支配人じゃない?」
「サラリーマン風。」 

織れた柄を囲んで、みんなであれこれ、あれこれ話が盛り上がるのも
ブンデンローゼンゴンの楽しみの一つですな。

本当はロシアの作曲家、イーゴリ・ストラヴィンスキーです。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村









横っちょからこんにちはバッグ-箕輪直子先生個展へ

未分類
05 /11 2018


スタジオビスビー手織り教室の 織りカフェ 参加者募集♪

通常教室内WS: ヤノフの二重織り 5/18(金) 
キャットタワーで遊ぶ子猫が可愛い 「木枠で織るブンデンローゼンゴン」 
6/24(日)、29(金)、30(土) 詳細は こちらから




2018blog20.jpg


箕輪直子先生の個展が開催されている、浅草アミューズミュージアムに行って来ました。
同窓の、気の置けない友人と一緒に。

先生の作品たちを見たり、偶然再会できた大阪のKisaragiさんとお話ししたりと良い日に。

そして、購入したこのバッグ、遊び心に惚れてしまった
持ち手はダミーなんですって! 横にジッパーが付いているの。 ここがバッグ口なの。

帰って来てブログで紹介しよっ、と撮影していたのだけれど、なんか伝わらない。
その後、あれこれ あれこれ 撮ってみて、こんな感じに♪

カバおじさんが、「よっこらしょっと。」 って出てくる、横っちょから

手織りって(他の手工芸もおなじだけれど)制作する時は、じっくりと向き合って、
一つ一つの行程を根気よく、丁寧に進めていく。
その工程そのものも好きだし、無心で静かな時間は穏やかで大切な時間。

そして、遊び心も同じ位大切にしたいもの。
楽しむって豊かな事だよね。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








ポーランドへ

未分類
08 /23 2016
janowpoland.jpg

今年もポーランドに行く事になりました。
本日から9月8日までメールにお返事が出来ませんのでよろしくお願いいたします。

昨年までほとんど知識がなかったポーランドという国。
そんな彼の地の二重織りに出会い、ワークショップを日本で開催する事になった1年間でした。

縁とは不思議なものと言いますが、それを実感しています。

新たな出会い、不思議なつながり、かけがえのない一瞬・・・そんなすべてにワクワクしていたい。
いつも いつまでも ずっと。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




大原野神社

未分類
04 /19 2016
   oharano1.jpg

ワークショップ前日、準備作業は午後に伺う事になっていたので、午前に糸へんさんから
程近い大原野神社を訪ねました。
私は事前に計画をしっかり立てる旅はあまり好きではないので、たいていは現地で決めたりします。
ここ大原野の事も着いた日にホテルの情報誌で知って、当日の朝に決めた場所でしたが、
素晴らしいところでとても好きになりました。

行くのに不便ーJR向日町駅からバスで25分だそうですが便数が少ないですーな事もあり
人が本当に少なく、喧騒から離れたい時にはお薦めします。
また、今回私は車で行ったのですが、その道筋はのんびりとした里山の風景で
また行く機会があったら是非歩いて廻ってみたいと思います。

   oharano4.jpg

周辺はこんなありふれた里山の風景です。 ねぎ坊主が風にゆれていました。

   oharano5.jpg

   oharano3.jpg

この神社は春日大社の第一のご分社だそうで、このような鹿が出迎えてくれます。


   oharano2.jpg

こんな茶筅のような形の竹におみくじを結びます。


 decoyatsuhashi.jpg

今日の最後は一番私らしい話題・・・かな
これは八ツ橋の老舗、聖護院八ツ橋の新店舗 nikiniki のデコ八ツ橋
季節によって色々なデザインが登場するようですよ。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


スタジオビスビー:秋元尚子

手織りを身近な趣味として楽しむ提案をしている「手織りスタジオ」です。
オリジナルのわかり易い説明付き手織りキットの作成、販売もしています。