FC2ブログ

どしゃ降り のち びしょびしょ

日々の暮らし
07 /14 2016
   ayumi110.jpg

夕方、家の最寄駅で降りるとすごい雨、どしゃ降りの雨。
今日は雨降りの天気予報が出ていたからほとんどの人が傘を持っていたけれど、
それでもほとんどの人が改札を出たところで様子見・・・少し雨足が弱まるのを待ち構えている。
私もその中に混ざって、あ~あぁ、とため息交じりで待つ事にした。
なにしろ傘を手に駅に入って来る人達がみな頭から足元までびしょ濡れ状態。
バケツをひっくり返したような雨ってこういうことなのね。

観念してぼーっと周りを見ていると、地元の小さな駅の狭い構内で結構ドラマ、は言い過ぎだが
いろんな事が繰り広げられていく。
コンビニの店員さんがどっさりビニール傘を倉庫から持って来て、店の前に補充すると
それがドンドン売れていく。
その他にも待っている間の水分補給用に飲み物などを買う人でレジはあっという間に長蛇の列に。

そして当然、家人に迎えを頼む電話を掛けている人もいる。
「当分雨が弱まりそうにないから迎えに来て。」 それを聞いて私、こういうゲリラ豪雨はカラッと晴れちゃうかもよ。
「駅前の商店は閉めちゃってるだろうからそこの前に車留めて。」 それを聞いて私、
あんな狭い道にずらーっと車が並んだら迷惑千万だ! などと心の中で悪態をつきながら時間をやり過ごす。

実際、下町商店街の駅なので、ゆったりと広いロータリーなんか夢のまた夢のごちゃごちゃなのだ。
でもこれは明らかに、今夫が少し遠い所に住んでいるので迎えに来てくれる人がいない私の
やっかみ半分・・・いや、やっかみ全開が本当のところ
そんなこんなで退屈はしなかった

そして、大発見 電話以外ではスマホで時間をつぶす人がほとんどいない
気が付いて改めて見ていると、本当に大多数が雨のようすを気にしながらただただ待っている。
う~~ん、こんな時には意外とスマホが登場しないのね。

その後の顛末。
多少弱まったかなというときに覚悟を決めて歩きだしたのだが、家に着いた時にはびしょびしょ。
心の中悪態の罰ね・・トホホ。

写真はブンデンローゼンゴンのニルスの不思議な旅です。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



変化の時を

教室の話題
07 /09 2016
  kyoko1101.jpg

少し更新の間があいてしまいました。
時々こんな事があります・・・・・。

今回は、え~っと、まあ 更新の為の記事 はなぁって

一方でここのところいろいろな変化が目白押しで・・教室もプライベートも・・実際に忙しくしていることも事実。

そんな中、今日の教室でもちょとした変化がありました。
嬉しくもあり、寂しくもあり、優しい時間でもあった生徒さんとの時間でした。



先日NHK・BSのビートルズ来日50周年記念特番を見ながら、
一言では言い表せない感情と共に涙があふれ出てきて、泣きながら見ちゃいました

当時ビートルズに夢中だった私は武道館に行った事が自慢。
自分では得意満面だったのですが、学校では浮いていて、その話をする事はなかった。
そんな当時の状況と共に想い出がよみがえって、ちょっと感傷的な涙だったのかな。

When I get older, losing my hair many years from now
Will you still be sending me a valentine, birthday greetings, bottle of wine?--

大好きな曲の一つでよく口ずさんでいた When I'm sixty-four
その頃は64歳なんてずっと先過ぎて、遠い遠い未来の事だったけれど、
すぐそこに来ちゃった今は全然違う感情と一緒に口ずさんでる。
でもね、寂しさや焦燥感じゃないよ。
むしろ愛おしさ。

不思議に周りのさまざまが一挙に変化していく時ってありますね。
そんな変化の時を静かに抱きしめられている自分がちょいといい奴にみえる。

写真はKyokoさんが織ったダールドレルのテーブルクロスです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

スタジオビスビー:秋元尚子

横浜・馬車道駅すぐ上の手織り教室です。レバー式織機で整経から始めて、綜絖通し、筬し、そして織るまでの全工程を習得できます。おしゃれな横浜ベイサイドで暮らしに寄り添う手織りを楽しんでみませんか。