FC2ブログ

サマー&ウィンターの図案手直し♪

手織りキット
07 /30 2017
summerandwinter23.jpg

サマー&ウィンターの絵織り、新しい図案に描き直して再制作しました。
約22cm×40cmのプレースマットです。
ダイニングテーブルや出窓に置いて花瓶敷にしたりするのにピッタリなので、
お部屋のいろいろなシーンで使い勝手が良いサイズです。

こちらの柄で新キットを作ります


summerandwinter24.jpg

両面で印象が異なるので、その日の気分やインテリアに合わせて自由に楽しめますネ



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村







サマー&ウィンターの手織りキット新柄試作中

手織りキット
07 /27 2017
summerandwinterkit20.jpg


サマー&ウィンターの絵織りマット、以前サイトにキットを掲載していましたが、
9月のスピンイングパーティー用に新柄を試作中です。

サマー&ウィンターの特徴をいかそうとシャープな図案を描いて、いい感じになりそう!
と期待を込めて試作してみたのですが、図案のイメージとちと違う・・・
もう少し図案を工夫してみます。

summerandwinterkit21.jpg


4枚綜絖を使用してピックアップしながら織る技法です。

スピンイングパーティーにいらしたら是非覗いてみてくださいネ!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




「ポーランド ヤノフ村の絵織物」本アマゾンで予約始まってます。

手織り
07 /19 2017
     janow82.jpg
     ベルナルダさんの食卓です。 本当に素敵、暮らしの中で人々に寄り添っています。


8月に発売される 「ポーランド ヤノフ村の絵織物」 本の予約が始まっています
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/441651770X/hnzk-22

実は私もつい先ほど知りました。
スピニングパーティーにいらっしゃるという方から、アマゾンで予約しましたって嬉しいご報告があって

ヤノフ村の二重織りをはじめ、ポーランドの文化や生活を日本に紹介されているSLOWARTの藤田さん。
彼女のヤノフ村の暮らしや人々、そしてもちろん絵織物に対する愛情がぎっしり詰まっている本です。
本当に両手からいっぱいはみ出ちゃう位の愛が!

そして私はたくさんのヤノフ村の織物を織らせていただく中で、驚きと発見、気づきの連続でした。
また二重絵織りの仕組みや図案について、日本語で説明されているという点も大きなお薦めポイントです。
手織り愛好家の皆さんに是非ぜひ読んでいただきたい本になっています。

予約してネッ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




ヤノフ村の二重織りワークショップ参加募集

ヤノフ村の二重織りワークショップ
07 /13 2017
janowws20172.jpg

本日午前、ヤノフ村の絵織物本ホントにほんとに校了しました。
たくさんの方々に読んでいただきたい、そして織っていただきたいです。

予告の通り 「新・東京スピニングパーティー2017」 SLOWARTブースにて開催する
ワークショップの参加募集をいたします。

写真のサンプル織りはこげ茶色のよこ糸で織っていますが、よこ糸の色は何色からかお選びいただけます。

★ヤノフ村の二重織りワークショップは満席となりました。★
★キャンセル待ちを受け付けております。是非お申込みください。★
★今後の「ヤノフ村の二重織りワークショップ」開催のお知らせ送信ご希望も受け付けております。★



詳細は下記の通りですが、こちらの他インスタグラム、フェイスブックにても告知していますので
すべての先着順で受付させていただきます。

【ヤノフ村の二重織りワークショップ】

会場: すみだ産業会館 8階 SLOWARTブース内

日時: 9月9日(土)、10日(日) 各日2回 午前10:30~13:00、午後13:30~16:00

参加費: 6,000円+消費税=6,480円 (材料費込み)
    
      尚、キャンセルについてはSP公式WSと同じです。
      8月10日までのキャンセルは50%、8月11日以降は100%のキャンセル費用をいただきます。)

応募:  メールにて ①ご希望日時 ②お名前 ③郵便番号とご住所 ④連絡の取れる電話番号 を
      ご記入の上お申込みください。
      bisbyxアットgmail.com (アットを@に変えてください。)

先着順で受付いたしますが、すべての皆さまにお返事差し上げます。
ご応募をお待ちしております。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






スピンイングバーティ―でのWSで織るコースター

ヤノフ村の二重織りワークショップ
07 /11 2017
janowws20170.jpg

9月に開催されるスピニングパーティーでのワークショップのお知らせが遅れています。

明日までに迫った締め切りに向け相変わらずあたふたの日々を送っていますが、
それに加えていろいろな事が起きます  生きている証拠ですかね

明日は校了となりますので、明日の夜にはきちんとしたお知らせを載せる事ができる予定です。

今回のワークショップでは、ぬぼ~~とほのぼのなこの子を織ります。
よこ糸の色も選んでいただけます。

予告の予告編みたいになっちゃって


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




整経台とジュートのバッグ

手織り
07 /10 2017
warping.jpg

上は大学の染織講座で使用していた整経台です。

縦長なのでよほど長く整経する場合を除けば、ちょうど良い高さで全て掛けられて使い易い台でした。

教室では回転式の整経台を使っているのですが、これに慣れてしまうと平台は使い難く感じてしまいます。

また、同じ平台でも教室や学校でそれぞれの掛け方があるようですね。
かせ掛けのようにぐるぐると1周させる・・などなど。
こんな単純な作業でもさまざま工夫しているのですね。



jutebag.jpg

ジュートでしっかりと織った布で制作した大きめのバッグはこの季節にピッタリ。
軽くてとても重宝します。

 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






同じ綜絖通しでも色使いを工夫して楽しも♪

手織り
07 /09 2017
overshottablemat.jpg


ガス加工されている綿糸は光沢があって張り感も増すのでマット類に適しています。
高級感も出るのでリビングのテーブルマットやダイニングテーブルの椅子張りなどにお薦めです。

このポーチはテーブルマットの続きで織っているのですが、色使いの濃淡を変えるだけで
こんなに表情が変わります。マットの中央部分と同じところが写っていますが、織経験者でも
じっくり見ないと同じ綜絖通しとは思えませんよね。

予定の長さを織って経糸を見ると、もうちょっと織れるけれど雰囲気変えたいなぁって思うときありますよね。
カウンターマーチの大型織機ではタイアップも結構大仕事。
そんな時色の魔法を取り入れてみて楽しもッ





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


繊細なインレイ織り

教室の話題
07 /08 2017
nori70.jpg

今 教室でMMFテクニック(インレイ)のうさぎを織っているNoriちゃん
経糸は24/2番手の綿糸、緯糸のベースは麻糸です。

目のところまで織って、「思った通りの可愛い目に織れた♪」 って嬉しいそうだった。
下絵をめくって下から鏡をあてて見ると、ホントッ! 可愛らしい目になっている

耳の部分がまだ織れていないから、すぐうさぎってわからないけれど、
完成して表から全体を見るのが楽しみ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村





夏はリネン♪

手織り
07 /07 2017
flaxflower71.jpg

日本の蒸し暑い夏にはシャキッとリネンがよく合います。

パリッとした質感が体感温度を下げてくれるような・・

     akari.jpg

暑苦しい夜も涼しげな灯りの元で過ごすと落ち着けます。


ところで、麻は昔から人々の暮らしの中でさまざまに使われてきた身近な素材です。

「綜麻繰り」 はへそくりと読み、そう、私たち(読んでくださっている皆さんも)が大好きなあのへそくりです。
綜麻とは紡いだ麻糸を巻き付けた糸巻きの事で、その糸巻を作る作業を綜麻を繰るというそうです。
女性たちがこの綜麻を繰る内職をして、賃金を貯め生活の足しにしていた事から、現在のような意味に
変化していったというのが、へそくりの語源の有力説とされています。

昔から私たちの生活の一部として使われてきた繊維だったのですよね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






七夕飾りの吹き流しは・・

手織り
07 /06 2017
bundentanabata.jpg

ブンデンローゼンゴンで織った夏の風景、一番上は七夕飾りの吹き流しです。

織姫と彦星が一年に一度この日に会えるというお話しで馴染んできた七夕
日本の歳時記やネットでいろいろ読んでみると、日本古来の神事と中国の行事が
融合して、今の形に伝えられてきている事がわかります。

棚機女(たなばたつめ)が布を織って神様に供え、豊作を祈り、けがれを祓うという日本の神事。

七夕の夜に女たちが月明りで針に糸を通して、機織りや裁縫が上達するように願ったとされる
中国古来の乞巧奠(きっこうでん)という行事。

いずれも私たち手織り愛好者にとっては身近な、そしてとても嬉しい由来ですね。

七夕飾りにもそれぞれに意味があるそうですが、吹き流しは織姫の織り糸を表しているそうです。

このような由来はともかくとしても、子供の頃から馴染んできた行事などはずっと続いて欲しいな


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村







自作の手織りバッグで出掛けよう!

手織り
07 /05 2017
overshotbag1.jpg

経糸と緯糸を同色系濃淡で織ったドレル(オーバーショット)の布はとってもおしゃれ。

牛革と合わせてカッチリと仕立てたバッグは大人仕様になるんだ♪
甘すぎないからカジュアルにもシックな装いにも合っちゃう。

でもそこは女性・・・いくつになってもちょっぴり可愛さも欲しいよね。

底近くにグルっと巻いたリボンとバッグ口にあしらった控えめフリルで優しい感じに

さぁ、自作の手織りバッグを肩にかけて、ちょっと自慢気に出掛けよう



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




スピニングパーティー2017にてワークショップ開催

ヤノフ村の二重織りワークショップ
07 /04 2017
spws20171.jpg


前の記事でお知らせした 『ヤノフ村の絵織物本』 は大詰め

編集は清澄白河・バハールの春日さんです。


その本出版の後、9月9日、10日に開催される スピニングパーティー2017 に
共著者のSLOWART・藤田さんのブースで参加します。

私のブースではヤノフ村の二重織りワークショップ開催と手織りキットの販売をします。
隣ではヤノフ村の絵織物新作をたずさえてポーランドから帰国するSLOWARTさんが
展示販売もされます! う~~ん、見逃せん

そのワークショップで織っていただく柄をこのやぎ君に決めました。(WSでは一頭です。)
ワークショップで織っていただくのは11㎝角のコースターサイズですし、
わかり易い織り方表をご用意しますので、初心者の方でもご参加いただけます。

ただいまこちらの準備も並行して進めています。
時間等の詳細についてはこちらでお知らせいたしますが、もう少しお待ち下さい。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








ヤノフ村の絵織物本

手織り
07 /03 2017
2017blog1.jpg

久々の更新です。
2017年の私生活は予想外の事が押し寄せて、1月から転居なんぞをしていました。

本当はタイトルの、ヤノフ村の絵織物本出版に向けて制作に専念しなくてはならなかったのにね。

ネットはスマホだけ-全然余裕がなくて-だったのでこちらのブログにログインもしていなくて、
コメントを書いてくださった皆様には大変な失礼をしてしまいました。
この場をかりてお詫びいたします。

そんなこんなを経て、実はまだ最終チェックの真っただ中なのですが、もうすぐ8月に出版されます



2017blog2.jpg


この子たちがモデルかな?って思っちゃう可愛い鳥たち、や動物達。


    2017blog3.jpg

そして、ヤノフ村やその周辺の人々の暮らしの様子などなど、沢山の優しくてほのぼのしたモチーフがいっぱいです

また、この本が出版されるきっかけを作ってくださった、SLOWARTの藤田泉さんは文を担当されています。
ヤノフ村の絵織物にとどまらず、ポーランド各地に伝えられてきた織物や暮らしについての、わかり易く秀抜な
解説は、織をされない皆様にも興味深く読んでいただけるものとなっています。

ゆっくりとした歩みですが、またこのブログでイベント等のお知らせを載せていきますので
どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


スタジオビスビー:秋元尚子

横浜・馬車道駅すぐ上の手織り教室です。レバー式織機で整経から始めて、綜絖通し、筬し、そして織るまでの全工程を習得できます。おしゃれな横浜ベイサイドで暮らしに寄り添う手織りを楽しんでみませんか。