FC2ブログ

夏の終わりは秋の始まり、そんな頃にカード織りワークショップ

手織り
07 /31 2018

2018blog115.jpg


カード織りって紐を織るだけだし、とか カード持ってるけれどもう全然使ってない。
なんていう織り愛好者もいるかと思います。

確かに用途は広くないけれど、私はサクサクっとカードを回す感覚が好き

そんなカード織りをちょっとおしゃれに楽しむワークショップをします。
皆さんの夏休みが終わる頃に。

ちょっと手ごわい二重織りやパターン織りではなくて、交差したりくるっとしたり。
でも自分でやるとなると、戸惑う箇所がかなり出てくる

ワークショップではそんなポイントを説明しながら、後でご自分でも織れるように。
そして初心者の方には交差を少なくして楽しめるよう工夫して。

もうすぐ載せる詳細・・・是非見てください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村





ブンデンローゼンゴンの「熊と針ネズミ」色選びって個性的に♪

教室の話題
07 /22 2018

スタジオビスビー手織り教室の通常クラス、咲きおりで織るクラス
詳しくは STUDIO BISBY手織り教室サイト 内の about LESSON でご覧ください。


   2018blog111.jpg

Narikoさんが織った木枠で織るブンデンローゼンゴン 「熊と針ネズミ」
私のレシピで、色は自由に変えて織ってねって伝えてたら、こんな色選びで
織ってきてくれた。

熊と針ネズミは柔らかい色使いで優しい感じ、そして真っ青な空とミツバチ。
全体には明るくポップな作品になっている

好きな色を使っていろんな試みをしてほしい、というのが私流教室運営。

だから一人一台で、時間的制限もなしで織って貰っている。
合理的ではないよね。
でもめっちゃ楽しめるよ
そりゃ失敗しちゃう時もあるけどさ

これを見せて貰った時、私も凄く楽しい気分になったんだ。

Narikoさん、ありがとう!


 2018blog112.jpg

土曜日の教室で、都会の夕暮れ時が好きだなぁ、って話してたら、
家に着く頃にこんな夕焼け空。

シルエットになった街にそれぞれの暮らしの灯りがあって、
決して暗闇にはならない都会。
そんな街を包み込むように広がる夕焼け空。

凄く美しくて、なんだか怪しくて、ちょっぴりもの悲しい。
都会の夕暮れが好きだ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








日本語とヤノフ絵織物のコラボと2018スピニングパーティーのフライヤー

教室の話題
07 /18 2018
  
新スタートしたスタジオビスビー手織り教室では新受講生募集中です。
リジッド織機のクラスも新設しました。
詳しくは STUDIO BISBY手織り教室サイト 内の about LESSON でご覧ください。

8月11日(土)にヤノフの絵織物WS リクエスト開催♪ 夏休みにヤノフを織ろう
workshopアットbisby.jp (アットを@に変更) まで。



  2018blog109.jpg

今日はリクエスト開催のワークショップでした。


   2018blog110.jpg

お友達4人+お一人参加の5名で、織り機を輪に置いて開催♪

今日リクエストしてくれたUさん、初参加の時には「アリガトウ!」を選んで、
今回は「アリガトガンス+オオカミの仮装」を織るのが目的です。

なんだか日本とポーランドヤノフ村のコラボになってうれしいな。

日本語ではカタカナが織り易いですね。
ひらがなと漢字は単純な形のものだけ織れそう。

でも、実際に織って見ると試行錯誤の繰り返しになります。
バランスが良くないと何が書いてあるのかわからないんですよね

そんで、旨く出来た時はとびっきり嬉しい
アルファベットのように全文字織って見ようかな。

スタジオビスビーでは 「こんなの織って見たい。」 や 
「この技法で作品を作りたい。」 にお応えします(可能な範囲で)。

先日、2018スピニングパーティーのフライヤーが届いていました。
1年って早い!
今年は藤田泉さんのレクチャーもあるそうですよ。
皆さま是非。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






移転後最初のレッスンでカウチカバー織り上がりました。

教室の話題
07 /17 2018

新スタートしたスタジオビスビー手織り教室では新受講生募集中です。
リジッド織機のクラスも新設しました。
詳しくは STUDIO BISBY手織り教室サイト 内の about LESSON でご覧ください。


   2018blog107.jpg

16日の連休最終日・海の日に、移転して最初のレッスンをしました。

Norikoさんが織っていたダールドレルのカウチカバー2枚。
2枚目があと少しで織り上がる、という時に引っ越し日になってしまって、
フロントビーム、バックビーム、そして綜絖をしっかりと固定させて
緩衝材でクルンクルンに巻いて移動。
無事に新教室に移せました♪

Norikoさんは家にすごい量の糸が鎮座しているそうで、
その糸たちを使って作品作りをしています。

何しろ手持ちの糸たちなので、色の組み合わせが難しい。
限られた色の中から選ばなくてはならないからねぇ。
しかも、それぞれの色が同じ量ある訳ではないの

それで、いつもすご~~く悩みながら、迷いながら織ってる。

どうなるんだろう・・・っていつもドキドキしながら見ているのだけれど、
織り上がってくるくると広げてみると、いつも大成功なの。
まぁ、100%とはいかないけれど、色使いが上手。

この2mのカウチカバーも大満足そうでした


 2018blog106.jpg

こちらは続けて織った1.5mのマット。

同じダールドレルでも色使いとパターンの配分の違いで
印象がガラリと変わる! 

落ち着いた印象で素敵。

  2018blog108.jpg

海の日だったので、みなとみらい・ドックヤードの日本丸は
全部の帆を張っていました。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村







教室を移転に伴い新たに募集開始♪

教室の話題
07 /16 2018
  2018blog105.jpg


教室をみなとみらい線・馬車道駅を出てすぐの甲陽ビル8階に移転しました。
前が大きな通りなので、とても眺望が良くて明るい教室になりました。

いままでの海岸通り教室最寄駅である日本大通りのお隣、
日本で初めてのアイスクリーム、アイスクリンが売り出された事で
有名な馬車道に引っ越して来ました。

14日には織り機も無事移転完了!

新スタートをきった STUDIO BISBY手織り教室 をこれからも
よろしくお願いします。

教室も少し広くなり、受講生を募集しています。

また、リジッド織機のレッスンもスタートしますので、こちらも
新たに受講される方を募集しています。

詳しくは STUDIO BISBYサイト 内の about LESSON ページで
ご覧ください。

体験レッスンも受け付けています。

お申込み・お問い合わせは weavingstudioアットbisby.jp へどうぞ。
(アットを@に変更)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






大阪でワークショップ

教室の話題
07 /08 2018

  2018blog99.jpg

6月30日から神戸に行って、7月3日に横浜に一度戻り、
5日には大阪に行き、今夜帰って来ました。

5日の午後あたりからは記録的な大雨で災害も発生していますが、
私が滞在していた谷町四丁目付近は、少し強めに降ったり、
小雨になったりのくり返しといった具合でした。

そんな中、5日には靱本町のアトリエきさらぎさんで
ヤノフの絵織物WSをさせていただき、
7日には谷町四丁目にあるイチクラビル(上の写真)内の
レンタルスペースTRUNKさんでワークショップを開催しました。


 2018blog101.jpg

雨の中8名の方が来て下さり、キャンセルされたのはお二人のみでした。
ご参加の皆さま、交通機関の運行状況も悪い中ありがとうございました。

はじめましての方。
ヤノフの絵織物WSにも参加してくださっていたリピーターさん。
インスタグラムでフォローしてくださっているフォロワーさん。
おり絵先生の生徒さん。

皆さんとても熱心、質問が用意されたりしていて♪
それってうれしい事ですよね。
なかなか広まり難い手織りが、こんな形で少しでも
多くの方に愛されて欲しいな。


 2018blog103.jpg

そして、ずーっと前からキットをご購入くださったりと、
初めてお会いするのに旧知の仲のようなTさん。

今日この Mr.Dandy のブローチを見せてくれたの。
この柄のブンデンローゼンゴンを織られている事でも、どんなに長く
スタジオビスビーを応援してくださっているかわかります。

お会い出来て本当にほんとうに嬉しかったです。

14日はいよいよ教室の引っ越し。
18日には5名のヤノフの絵織物WSがリクエストされています。

新スタート後のスタジオビスビーもどうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








スタジオビスビー:秋元尚子

横浜・馬車道駅すぐ上の手織り教室です。レバー式織機で整経から始めて、綜絖通し、筬し、そして織るまでの全工程を習得できます。おしゃれな横浜ベイサイドで暮らしに寄り添う手織りを楽しんでみませんか。