FC2ブログ

シーペットとソールヴェヴのコラボでおくるみ

手織り
07 /06 2020
  
  2020babyblanket1.jpg

9月の初孫の男の子が生まれる友人からの注文で
おくるみを織っています。

技法は任せてくれたので、いろいろと試織してみて、このシーペットと
ソールヴェヴの組み合わせにしました。
『スウェーデン織りの教室』らしく書いてみましたが、まあ斜文織に
ふるいのような荒い部分を組み合わせたって事なんですけど(#^.^#)

  2020fornewbornbaby2.jpg

おくるみなので軽くする為にふるい効果を取り入れたら良い感じに。

オーガニックコットンの優しさに癒されながら織っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな時・・・赤ちゃんの肌着や化学物質に敏感な体質の人が身に着ける
衣服など・・・にオーガニックコットンを使用するのはごく普通の事だ。

一方で栽培に手が掛かり、栽培規模が全綿花の約1%しかないなどの
事情から高価になり、我々にとって身近で、日常的な素材とは言えない
のが現状だ。

5年程前になるが、インド等の綿花産地の実情についての報告会を聴きに
行ったことがある。 その時点で、綿花栽培耕作地は全世界農作物耕作地
の3%であるのに対し、使用農薬は全世界使用料の20%を占めているという
事だった。その後社会的意識も高まり農薬使用量は改善されつつあるが、
それでも10%は軽く超えている。 虫対策の殺虫剤の他に、成育を早め
収穫量を増やす目的もある。 その結果衣服は安価になったが、他方、
栽培労働者の深刻な健康被害が多発している。

事実を知って問題意識を持ったものの、私が持っている衣服の多くが
オーガニック素材ではない。 一番の理由は価格だが、デザインが限られて
いる事も要因の一つだ。 多くの人が同じような状況ではないだろうか。

こんな事を思いながらおくるみを織っていた。 
知る事は変化への第一歩だと思うけれど、道は遠い。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村








関連記事

コメント

非公開コメント

スタジオビスビー:秋元尚子

横浜・馬車道駅すぐ上の手織り教室です。レバー式織機で整経から始めて、綜絖通し、筬し、そして織るまでの全工程を習得できます。おしゃれな横浜ベイサイドで暮らしに寄り添う手織りを楽しんでみませんか。